週刊SPAっと!第8号 特集:青木まゆみ

アロマエステ池袋アンジュ 週刊SPAっと!第8号 特集:青木まゆみ

spat1013_top_640

spat1013_gra_640

spat1013_tit_640

spat1013_ore_640

≪第8号 表紙タイトル≫

【見出し】

2028年正式決定かっ!?アロマエステ五輪開催!?

世界のセラピ攻防戦~

日本必勝の鍵!おもてなし戦術!~





【アロマ怪人21面相が実在した理由(わけ)】

本人談

敗北がもたらす勝利への道 負けない心

敵前逃亡の先は地獄!~





【アロマエステ池袋アンジュ~店長×マネージャーのエステティシャン魂~】

青木まゆみ君23歳

湯水のように湧き上がる癒しの源泉。





【大人気企画 俺のアンジュ】

記者:ビゲン







≪アロマエステ池袋アンジュ~店長×マネージャーのエステティシャン魂~≫

【プロフィール】

青木まゆみ●23歳

T165.B86(D).W60.H89

出身地:東京

職業:エステティシャン(現職)

趣味:ネットサーフィン

好きな映画は「ハングオーバー」

好きな音楽は「J-POP」

好きなスポーツは「水泳」



愛情と優しさが湯水のように湧き上がる癒しの源泉。

「青木まゆみ」に出会ったその瞬間に私の心が彼女に奪われた。

温かいまなざし、その瞳で見つめられると心が浮足だってしまう。

リードされるがままに彼女へ身を委ねると

彼女の温かく柔らかい天使の指先で疲れた身体を癒しへと誘う。





≪世界中のセラピストが激しい攻防を繰り広げる≫

【アロマエステ五輪開催!!の予感2028年】

やっぱり来た!遂に来た!日本の大舞台!!メダル獲得はほぼ間違いなしだ!?そう、2028年よりオリンピックの正式種目となった「アロマエステ」。個人戦・団体戦ともに、日本が世界に誇るおもてなし戦術によって金銀銅のメダルラッシュは鉄板◎!日本代表には全国より選りのセラピストを起用。技術・接客・癒しを競う本種目は、注目度ナンバー1の癒し競技である。





【見どころ1】

世界広しと言えども、各国の猛者たちが一同にリラクゼーション技術を競い合う競技は類を見ない。国民性や文化の違いがあるがゆえにセラピストたちの癒し技術は千差万別。審査員がキモとなる本競技は、施術相手がいかにリラックス出来たかが採点に直結する。選手たちのホスピタリティがメダル獲得の鍵となるだ。





【見どころ2】

本競技の施術タイムは60分の個人戦、180分の団体戦となる。団体戦は選手4名で構成され、頭部から足先まで全体を施術し、その総合得点を競い合う。個人・団体戦ともにアディッショナルタイムが設けられ、セラピストとしては得点巻き返しのチャンスが大いにある。施術者の経験が勝敗を分ける熾烈な戦いが期待大◎。





【見どころ3】

主審、副審、審査員は厳格な審査の上、世界各国から召集されるが、本大会の日本代表審査員として当店の店長ビゲン氏が起用されることが決定した。世界を渡り歩き、時には監督として、また時には客として培った豊富な経験が買われたのだ。彼の採点も見逃せないぞ!





【見どころ4】

オリンピック史上初の本競技正式決定により、巷ではかつてない盛り上がりを見せている。アロマエステ店はもちろんのこと、技術指導を行う専門学校や通信講座等の受講者が殺到している。未来のスーパースターが生まれる日もそう遠い話ではないであろう。




【アロマ怪人21面相が実在した理由(わけ)第六弾】

敗北とは一体なんであろう。辞書を開きその意味を調べるとこう記述がある。「戦いに負けること・戦いに負けて逃げること」。誰もが日々大小問わず戦っている。老若男女に関わらずだ。「アロマ怪人
21面相」こと氏は、敗北というたった2文字のワードに秘められた真の意味をこう語った。「敗北はね、負けたことに気付けたからこそ、敗北したと自己認識できる。敗北は決して恥ずべきものではない。敗北無くして勝利はない。敗北を知るからこそ勝利への道を切り開ける。また勝利への執念も生まれる。ただし敗北から得ようとしないこと、逃げること、戦わずして逃げることはいけない。自分が乗り越えられるハードルだからこそ戦いは何度も訪れる。戦って敗北を経験したほうが人間的にも大きくなる。」続く







≪大人気企画 俺のアンジュ≫

従業員が勝手に語るアンジュ情報

第八庵~だから言ったじゃん、俺は胃下垂だって!バモラスの爽快アンジュ物語!!~

【今週のエステ野郎~バモラス(34歳)~】

寒い、寒い…。私、バモラスは虚弱のせいか寒いのは本当に苦手なんです。先日も寒い思いをしたばかりで、寒さには敏感なんです。え?!寒い思いって何かと?お恥ずかしい話し、年甲斐なく自宅近所パーキングの片隅で立ち●便をしておりまして、誰も周りに居ないことを確認したつもりだったのですが、車の中から人の気配を感じ、じ~っと見つめたところ…居たんです。物欲しそうなお顔立ちをした熟年女性が。その女性がおもむろに車から降り、恥じらいも無く私に話しかけてきました。その一言に私は背筋が凍るほどの思いをしたんです。「5千円でどう」私は5千円よりも何よりも、その女性らしき者の重低音が立派な野太い声に寒気がしました。そう、その熟年の女性らしき人物はおじさんだったんです。●便途中でそんなことを言われたものですから、完全無防備。あまりの怖さに私、走って逃げましたよ。おかげでズボンが濡れてここでも寒い思い。もうこんな思いはしたくないので、立ち●便しません!というか、してはいけませんよね(笑)。マナー・モラルと日頃からセラピストに言ってる手前、反省しております。はい。当店のセラピストたちは、どこに出しても恥ずかしくないほど、良識を持った面々が揃っております。やっぱり私の日頃からの教育が行き届いているからですね(笑)。はい。新人さんが最近は増えて来たので、教育担当者としては、より一層の教育でお客様におもてなしが出来るよう育てて参ります。え!?立ち●便をするようなマネージャーではダメだって?皆様この話はご内密に!





【バモラス野郎の青春】

よっちゃんいか・・・初めてのキスの味思い出すな~





【野郎たち】

店長ビゲン(4?歳)別名アロマ怪人21面相

バモラス(34歳)早食いは男のロマン

みっち(25歳)野郎たち唯一の紅一点

ガム・南(39歳)ムタンガコレクター




【アロマエステ池袋アンジュ】

住  所:東京都豊島区西池袋3-31-5パークハイムウェスト601

電話番号:03-6904-52810

営業時間:12:00~0:00

     金土祝前日12:00~5:00

     無休

料  金:70分1万1000円~、

     プレミアムコースもあり。

SPAっと!見たで指名料無料





【一行情報】

池袋の六又交差点付近に位置する隠れ家的BAR。俺は好きだな。


見逃したSPAっと!もこちらで再チェック!
当店「アロマエステ池袋アンジュ」がお届けする週刊Webマガジン!